入居エントリー

NEWS

イベントレポート『「解決が遠のくならば、上場をしない。」ゴミ拾いでつながるボランティアSNS「ピリカ」の、ビジネスと環境問題の両立に向けた挑戦――Founders Night Marunouchi vol.18(オンライン)』を公開!

イベントレポート『「解決が遠のくならば、上場をしない。」ゴミ拾いでつながるボランティアSNS「ピリカ」の、ビジネスと環境問題の両立に向けた挑戦――Founders Night Marunouchi vol.18(オンライン)』を公開!

———————————————————————————————————–
Founders Night Marunouchiシリーズは、
スタートアップの第一線で活躍する経営者から学びを得るもの。
———————————————————————————————————–
▼イベントレポートはこちら
https://www.egg-japan.com/event_report/4274
【今回登壇いただいたのは、株式会社ピリカ代表の小嶌不二夫さん。】
同社によると、ポイ捨てや不法投棄といった小さな行動が積み重なった結果、海に流出するプラスチックゴミは年間800万トンにものぼるといいます。まさに“塵も積もれば山となる”を体現した社会問題。プラスチックゴミが海に流出し続ければ、2050年には海に生息する魚の重量を上回る予測もあると小嶌さんは言います。
そんな問題と向き合う同社は、ゴミ拾いでつながるボランティアSNS「ピリカ」を2011年にリリース。このSNSでは、拾ったゴミを写真で投稿することで、その活動を見える化します。これまでピリカを通して累計1.6億個以上のゴミが拾われただけでなく、同社はそれ以外にもさまざまな形で環境問題と向き合っています。今回はその原点とこれまでの苦労を伺いました。

●東京21cクラブ 公式SNS
\Facebookフォローがまだの方は是非この機会に!/
(Facebook) https://www.facebook.com/tokyo21cc


PAGE TOP