2022年1月26日、三菱地所が運営するEGG JAPANのビジネスコミュニティ「東京21cクラブ」と、イベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」が共同開催する「Founders Night Marunouchi X vol.35」を実施しました。(前回のイベントレポートはこちら )。

今回イベントで語られたテーマは『サイクルロードレースで地方創生。「スポーツ文化」を地域と共に創り上げる』。

登壇したのは「サイクルロードレースを通じた地方創生」を理念に掲げる、株式会社ジャパンサイクルリーグ取締役の犬伏真広さんと、同社の社外監査役を務める株式会社JOIBの常務執行役員である安積正和さんの2名。

本イベントではジャパンサイクルリーグ(以下、JCL)が、サイクルビジネスという新たな事業の取り組みに乗り出した経緯、ロードレースによる地域活性の可能性、展望について語っていただきました。Peatix Japan取締役の藤田祐司さん、東京21cクラブ運営担当の旦部聡志がモデレーターを務めています。

 

「自転車競技」に将来性を感じ、サイクルリーグを立ち上げ

犬伏「事業を立ち上げるまでロードバイクに乗ったことすらありませんでした。しかし今はロードレースのプロリーグであるJCLに全てをかけています」

こう語るのは、JCLの犬伏さん。これまでは証券会社、投資ファンドでM&A・資金調達や、経営コンサルティング会社の設立を経験してきました。2020年8月には、元F1レーサーの片山右京さんとJCLを発足。現在は宇都宮、広島、大分など全国に9つのサイクルチームが存在しています。


   <【イメージハイライト】JCL2021 シーズンエンドハイライト>

ロードバイクにまったく興味のなかった犬伏さんが、サイクルビジネスに乗り出したのはその将来性の大きさに魅力を感じたからだと言います。

犬伏「ロードレースはスタジアムを必要としないため、低コストで運営できます。たとえば、大規模マラソン大会の場合、開催にかかるコストは数億円になることもあります。しかし、同じような集客・経済効果を発揮できるサイクルレースでは、その開催コストはマラソンの約10分の1以下です。

また、海外からの集客も期待できるため、レース開催地にはインバウンド効果が生じる。ロードレースを開催することは地方創生の文脈でもメリットがあります」


              <JCL投影資料:レース会場の様子>

JCLの社外監査役として、創業時から伴走する安積さん。事業の構想段階から「失敗するはずがない」と自信を持っていたそうです。

「どのような投資家であっても、事業に投資をする際は必ず『事業計画が失敗する確率』を考えますが、JCLに関してはその確率が限りなくゼロに近いと思いました。なぜなら、JCLを運営する方々それぞれが、明確な強みを持っているからです。

片山さんは自転車に精通しており、クリーンなイメージで世間からの好感度が高い。一方の犬伏さんは金融の知見があり、しっかりとした事業プランを立てられるだけではなく、投資家と円滑なコミュニケーションが取れます。さらに、発足後にはレース運営に知見がある方も入社しました。そんな方々が創る事業が失敗する未来は、全く見えなかったですね」

 

自分たちの事業の“正しさ”を信じ、想いを伝え続ける

現在、JCLは全く異なるバックグラウンドを持つ6名によって運営されており、それぞれが強みを活かしながら、事業を推進しています。発足から約1年半が経ち、事業は順調に成長していますが、その道のりは決して順風満帆とは言えないものでした。

イベントを開催するためには、自治体や警察、住民、選手、競技場の方、審判、スポンサー、観戦者など多くのステークホルダーとのコミュニケーションが不可欠です。限られたリソースをどのように活用し、円滑にコミュニケーションを進めるか。立ち上げのフェーズにおいて、頭を悩ませた部分もあったと言います。

また、発足当初は資金調達にも苦労したそう。日本に浸透していないビジネスゆえに、なかなか投資家からの共感と信頼を獲得できず「これまで50社以上に断られてきた」と話します。

犬伏「私たちが事業の説明をした時、担当者がロードバイクに触れたことがあるか否かで、反応が180度変わります。ただ、大抵の人はロードバイクに乗ったことがなく、事業のイメージが持ちづらく、評価を下すのが難しいと言われることが多かったです。

思うように事業が進まず、精神的にかなり苦しい時期もありましたが、片山さんが常々言っていた『僕たちは正しいことをやっているのだから、絶対に大丈夫』という言葉に励まされました。世界の頂点を極めた人がそう言うのだから間違いないのだろうと思えましたし、その言葉があったから諦めずに続けることができたと思います」


    <左下:JOIB常務執行役員 安積正和さん、右下:JCL取締役 犬伏真広さん>

努力の末、2020年に発足してからサイクルリーグの規模は順調に拡大。2022年に開催を予定しているレースの数は、前年の倍近くだと言います。JCLの想いが、より多くの人からの共感を呼んでいることが伺えます。

犬伏「初めてお話をする地方行政の担当者の方からも、前向きな反応をいただくことが多くなってきました。万単位もの観客がその街を訪れ、大きな需要をもたらす可能性に魅力を感じていただいています。また、マラソンなどのイベントに比べ開催コストも低いため、『少ない投資で、大きな経済効果が期待できる』と前向きに検討を進めていただけることが多く、確かな手応えを感じています」

 

ビジネスとして成立させ、新たな文化を創造したい

JCLに寄せられる自治体からの期待の声は大きくなる一方ですが、犬伏さんは「現状に甘んじず、事業の自立性を高めていかなければならない」と顔を引き締めます。

犬伏「イベントを開催する際、主催費といった名目で自治体から補助金をいただくことがあります。それ自体は有難いことですが、自治体からの支援に頼っていては永続性のないビジネスになってしまう。長く続けるには、より自立したビジネスモデルを確立しなければなりません。

『世の中からロードレースがどのように見られているのか』『社会から何を求められているのか』。そういったことを考えながら、ただの娯楽としてではなく、独立性のある事業として成り立たせていかなければなりません」

2016年には国が「自転車活用推進法」を策定。人々の健康や環境保全のため、積極的に自転車の活用を推進しています。 安積さんはそんな世の中の動きを踏まえ、JCLの今後に期待を膨らませます。

「最近は世の中の変化のスピードが非常に速く、例えばESGは、これまで注目されていなかった言葉でしたが、2021年の一年間で一気にトレンドになりました。このことも踏まえると、国からの後押しもあり、5年あれば確実に自転車は『文化』として定着すると思います」

最後に、犬伏さんがJCLの今後の展望について語り、イベントは締めくくられました。

犬伏「世界に目を向けると『ツール・ド・フランス』が三大スポーツイベントとして定着しています。日本でも自転車が『文化』として根付いてほしい。それを目指し、JCLは今年も日本全国を駆け巡ります。今後はプロのレースだけではなく、より幅広い層に自転車を活用してもらえるよう、観光などと組み合わせたサイクルツーリズムイベントなども開催していきたいですね」


   <今回のFounders Night Marunouchiは、オンラインのみの開催で行われました>


▼当日のセッション
『サイクルロードレースで地方創生。「スポーツ文化」を地域と共に創りあげる。』

★次回のFounders Night Marunouchiは、2月22日(火)に開催予定です。初めての方でも大歓迎です!どなたでも無料でご参加頂けますので、こちらよりお気軽にお申込みください。

●東京21cクラブ 公式SNS
\Facebookフォローがまだの方は是非この機会に!/
(Facebook) https://www.facebook.com/tokyo21cc


●過去のイベントレポート
Founders Night Marunouchi vol.34▶こちら
ヘリコプターをタクシーのように使える未来へ。未開拓の事業に切り込むスタートアップの挑戦

Founders Night Marunouchi X vol.33▶こちら
『消費者の行動で、社会を動かす。「異彩を社会に送り届ける」福祉実験ユニットが目指す世界とは』

Founders Night Marunouchi vol.32▶こちら
『なぜEdTech企業がDX人材の育成に挑むのか?ライフイズテックCOOが明かす課題と展望』

Founders Night Marunouchi X vol.31▶こちら
『「グローバルに活躍するエキスパート人材×大手企業」新たなイノベーションを創造するために、今知るべき外部リソースの活用術』

Founders Night Marunouchi vol.30こちら
「フードデリバリーで成長を遂げたスカイファーム・木村氏が“2度目の起業”で目指す理想とは」

Founders Night Marunouchi X vol.29こちら
「ジェンダーギャップを埋めるには?女性の健康問題を解く“フェムテックの可能性”」

Founders Night Marunouchi vol.28こちら
「環境問題に思いを馳せた20年、お米をプラスチックに変える技術ベンチャーの粘り強い挑戦」

Founders Night Marunouchi X vol.27こちら
「SNS投稿で特許がとれなくなる? スタートアップが取り組むべき”攻める”知財戦略の基本とは」

Founders Night Marunouchi vol.26こちら
「ファッション特化AIでアパレル業界の変革に挑むニューロープ。資金ショートから受託開発まで、直面した創業時の苦労とは」

Founders Night Marunouchi vol.25こちら
『「データ分析は企業を救う」 株式会社サイカがぶれない信念を持ち続けられる理由とは』

Founders Night Marunouchi vol.24こちら
「小さな不満からイノベーションの種を発掘するInsight Tech。リブランディングとともに進めた組織づくりとは」

Founders Night Marunouchi vol.23こちら
『企業のチームビルディングに貢献する「遊び」を提供。アクティビティ事業を行うIKUSAが語るサービス設計の工夫』

Founders Night Marunouchi vol.22こちら
『誰もが気軽に「脳ドック」を受診できる社会へ―医療に新たな価値を生み出す、スマートスキャンの展望―』

Founders Night Marunouchi vol.21こちら
「一生、絵を描き続けたい―クリエイターの救世主!労働環境の改善を目指すデバイス「Orbital2」の挑戦―」

Founders Night Marunouchi vol.20こちら
「 途上国から世界に通用するブランドを作る、マザーハウスの絶え間ない挑戦」

Founders Night Marunouchi vol.19こちら
「幼馴染たちと起業。アプリ分析・開発支援を行うフラー社が新潟でビジネス展開する理由」

Founders Night Marunouchi vol.18こちら
『「解決が遠のくならば、上場をしない。」ゴミ拾いでつながるボランティアSNS「ピリカ」の、ビジネスと環境問題の両立に向けた挑戦』

Founders Night Marunouchi vol.17こちら
「公認会計士とコンサルタント経験で養われた“提案力”が鍵に。導入サイト数1万5,000を突破したWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」の成功の要因」

Founders Night Marunouchi vol.16こちら
「市議会議員として奔走した10年を武器に。Public dots & Company代表が起業して目指す官民共創の理想と次なる一手」

Founders Night Marunouchi vol.15こちら
『「走ることは生活を豊かにし、人を幸せにすると信じている」元箱根ランナーがつくるサービス「Runtrip」に込められた想い』

Founders Night Marunouchi vol.14こちら
『大阪市職員からオープンイノベーション支援の専門家に。フィラメント代表の角勝さんが語るコロナ影響下での「偶発的な出会い」』

Founders Night Marunouchi vol.13こちら
「サッカー選手からIT起業家へ。BizteX代表を異例のキャリアに導いたある言葉とは」

Founders Night Marunouchi vol.12こちら
『NY生まれのゲーム好きな青年は、なぜ日本で起業したのか?埋もれたプロ達の救世主「Zehitomo」の展望』

Founders Night Marunouchi vol.11こちら
「ヤフーでモバイル化改革を成功させた立役者が、今LinkedIn日本代表として目指すこと」

Founders Night Marunouchi vol.10こちら
『「ハエで持続可能な社会を目指す」ムスカCEOが語る、スタートアップにおける広報の意義』

Founders Night Marunouchi vol.9こちら
「自己表現の場はオフラインからオンラインへ。ファッションテック領域の挑戦者、ZOZOテクノロジーズ代表が語る業界の未来」

Founders Night Marunouchi vol.8こちら
「全員複業制!女性特化型サービス展開、一人ひとりのカラーを生かした組織づくりを目指す、uni’que代表の経営方針とは」

Founders Night Marunouchi vol.7こちら
「東京と地方の情報格差はなくなる。空のシェアリングサービスを展開するトルビズオンが語る、Withコロナ時代のスタートアップ経営」

Founders Night Marunouchi vol.6こちら
『スタートアップ最大の壁「採用」を突破する。「スクラム採用」の提唱者が語る、成功する採用の2つのポイントとは』

Founders Night Marunouchi vol.5こちら
『「良い時も悪い時もなるべく正直でありたい」Kaizen Platform代表の言葉が危機を救う』

Founders Night Marunouchi vol.4こちら
『「自分なりの信念に沿って決断する力が何よりも大切」会員数100万人を超えるココナラ代表が語る「経営者に必要な能力」とは』

Founders Night Marunouchi vol.3こちら
「17万人のコインロッカー難民を救う。「生まれながらのアントレプレナー」ecbo・工藤さんに聞く、サービスグロースの秘訣」

Founders Night Marunouchi vol.2こちら
「なぜ世界59カ国で支持されるサービスとなれたのか。Repro株式会社代表取締役が語る、2度の失敗を経て得たもの」

Founders Night Marunouchi vol.1こちら
「なぜ「Peatix」は世界27カ国で愛されるサービスになれたのか。その誕生と成長の軌跡を創業メンバーが語る」