「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」

Wovn Technologies株式会社取締役副社長 COOの上森久之さんは力強く語ります。同社は情報のアクセシビリティを高めるために、Webサイトやアプリを最大41言語・75のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化するソリューション「WOVN.io」「WOVN.app」を提供しています。

2020年9月16日(水)、三菱地所が運営するEGG JAPANのビジネスコミュニティ「東京21cクラブ」と、イベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」が共同開催する「Founders Night Marunouchi」を実施しました(前回のイベントレポートはこちら)。このイベントは、スタートアップの第一線で活躍する経営者から学びを得るもの。

WOVN.ioは、資生堂ジャパンや三菱UFJ銀行、富士フイルムなど多くの大企業で導入され、現在の導入サイト数は1万5,000以上にものぼります。成長をしていくうえでは、公認会計士やコンサルタントといったこれまでのキャリアが役立ったと上森さんは振り返ります。

そこで今回は、上森さんのこれまでのキャリアを紐解きながら、同サービスの成長の軌跡や展望について伺いました。モデレーターは Peatix Japan 取締役 藤田祐司さん、そして東京21cクラブ運営統括の旦部聡志が務めました。

 

多言語体験(Multilingual Experience)へのこだわりがWOVN.ioの強み

海外展開を見据える国内企業や訪日観光客の増加などに伴い、Webサイト多言語化ソリューションの需要は日に日に増しています。競合他社も増えるなかで冒頭、旦部からは「WOVN.ioが他社と比べて実績を積み重ねられた理由は何だったのか」という問いが投げかけられました。

「私たちがWOVN.ioを始めた2014年には、日本でWebサイト多言語化ソリューションを提供している企業はほとんどいませんでした。こうしたサービスはデータが蓄積すればするほど、精度が高まります。この領域にいち早く目をつけてチャレンジしたことで先行優位性を築くことができた。それが現在、競合との大きな差異につながっているように思います」

02

           <Wovn Technologies 取締役副社長 COO 上森久之さん>

とはいえ、同サービスが多くの企業に選ばれているのは先行優位性だけが理由ではありません。同社はユーザーが言語に触れる際の「多言語体験(Multilingual Experience)」の最適化に力を入れており、これが大きな差異化につながっていると上森さんは言います。

「例えば、日本語で5文字の単語を英語に訳すと倍以上の文字数になってしまうことがあります。文字数が変わったことでWebサイトやアプリのデザインが崩れ、ボタンが押せなくなってしまうことも。また、元サイトで更新があっても翻訳サイトに反映されず、最新情報へアクセスできなくなってしまうケースもあります。

WOVN.ioは、多言語化対応に伴うフォントやデザインの崩れを最新技術で解消。元サイトが更新された際は自動で通知を送るシステムも導入するなど、細かいUI/UXにおける工夫をこらしています。それが良質な多言語体験につながり、選ばれる理由になっています」

 

公認会計士やコンサルタントとして培った提案力が、事業成長の鍵に

もともとデロイト・トーマツにて、新規事業やオープンイノベーションのコンサルティング、会計監査、M&A関連業務などに従事し、公認会計士としての資格も有する上森さん。自身のキャリアで培った知見も、サービスの成長に寄与したのではないかと語ります。

「公認会計士はその職務上、上場企業の取締役しか知らないような人事ルールを知れたり、株主総会の議事録などを見たりすることができました。さらに、業態や企業規模によって意思決定のフローがどう変わるのかも頭に入れることができた。こうした経験が、現在クライアントに提案をする際に活きていると感じます」

01

   <Webサイト多言語サービス「WOVN.io」をめぐる「Founders Night Marunouchi」>

同時にコンサルタントとしての経験も、提案力につながったと上森さんは言葉を続けます。

「公認会計士が過去を見る職種だとすれば、コンサルタントは未来を見据える職種です。クライアントが今挑戦すべき時なのかどうかを経営状況などから判断できるのもコンサルタントというキャリアが活きている点だと思っています。

今無理にご提案しても、話が進まないだろうなとか、今相手が求めているサービスは何なのだろうと、経営状況を踏まえつつご提案するようにしていますね」

公認会計士とコンサルタントというこれまでのキャリアで培った2つの視点が、それぞれの企業に寄り添った提案力へとつながり、WOVN.ioの成長を後押ししてきたのです。

最後に、上森さんから今後の展望が語られ、イベントは締めくくられました。

「現在、社員数は100名を越え、約20か国から優秀なメンバーが集まってきてくれています。多様なメンバーが心地よく、そして能力を発揮しながら働けるよう、社内の環境整備を進めることが急務だと考えています。

とはいえ、組織が成長の過程にある今、社内にはまだ解決すべき課題が山積みです。課題整理を進めながら、優秀なメンバーたちとともにWOVN.ioを国内だけでなく世界でトップシェアを誇るサービスに必ず成長させていきたいですね」

★次回のFounders Night Marunouchiは、10月21日(水)にピリカ代表 小嶌不二夫さんを
お招きし、オンラインで開催予定です。初めての方でも大歓迎です!
どなたでも無料でご視聴頂けますので、こちらよりお気軽にお申し込みください。

●東京21cクラブ 公式SNS
\Facebookフォローがまだの方は是非この機会に!/
(Facebook) https://www.facebook.com/tokyo21cc

—————————————————————————————————————–
●過去のイベントレポート
Founders Night Marunouchi vol.16こちら
「市議会議員として奔走した10年を武器に。Public dots & Company代表が起業して目指す官民共創の理想と次なる一手」

Founders Night Marunouchi vol.15こちら
『「走ることは生活を豊かにし、人を幸せにすると信じている」元箱根ランナーがつくるサービス「Runtrip」に込められた想い』

Founders Night Marunouchi vol.14こちら
『大阪市職員からオープンイノベーション支援の専門家に。フィラメント代表の角勝さんが語るコロナ影響下での「偶発的な出会い」』

Founders Night Marunouchi vol.13こちら
「サッカー選手からIT起業家へ。BizteX代表を異例のキャリアに導いたある言葉とは」

Founders Night Marunouchi vol.12こちら
『NY生まれのゲーム好きな青年は、なぜ日本で起業したのか?埋もれたプロ達の救世主「Zehitomo」の展望』

Founders Night Marunouchi vol.11こちら
「ヤフーでモバイル化改革を成功させた立役者が、今LinkedIn日本代表として目指すこと」

Founders Night Marunouchi vol.10こちら
『「ハエで持続可能な社会を目指す」ムスカCEOが語る、スタートアップにおける広報の意義』

Founders Night Marunouchi vol.9こちら
「自己表現の場はオフラインからオンラインへ。ファッションテック領域の挑戦者、ZOZOテクノロジーズ代表が語る業界の未来」

Founders Night Marunouchi vol.8こちら
「全員複業制!女性特化型サービス展開、一人ひとりのカラーを生かした組織づくりを目指す、uni’que代表の経営方針とは」

Founders Night Marunouchi vol.7こちら
「東京と地方の情報格差はなくなる。空のシェアリングサービスを展開するトルビズオンが語る、Withコロナ時代のスタートアップ経営」

Founders Night Marunouchi vol.6こちら
『スタートアップ最大の壁「採用」を突破する。「スクラム採用」の提唱者が語る、成功する採用の2つのポイントとは』

Founders Night Marunouchi vol.5こちら
『「良い時も悪い時もなるべく正直でありたい」Kaizen Platform代表の言葉が危機を救う』

Founders Night Marunouchi vol.4こちら
『「自分なりの信念に沿って決断する力が何よりも大切」会員数100万人を超えるココナラ代表が語る「経営者に必要な能力」とは』

Founders Night Marunouchi vol.3こちら
「17万人のコインロッカー難民を救う。「生まれながらのアントレプレナー」ecbo・工藤さんに聞く、サービスグロースの秘訣」

Founders Night Marunouchi vol.2こちら
「なぜ世界59カ国で支持されるサービスとなれたのか。Repro株式会社代表取締役が語る、2度の失敗を経て得たもの」

Founders Night Marunouchi vol.1こちら
「なぜ「Peatix」は世界27カ国で愛されるサービスになれたのか。その誕生と成長の軌跡を創業メンバーが語る」