2017年6月8日に、株式会社アドライトが主催する大企業や官公庁の事業責任者を対象にオープンイノベーションをテーマにしたイベントシリーズMirai Salonの第4回「日本流オープンイノベーションによる大企業と大学発ベンチャーの未来」を開催いたしました。

今回のテーマは大学発ベンチャーに視点を置いたオープンイノベーション。大企業側も大学との連携には興味があるとみえ、今回も数多くの参加者の皆さまにお集まりいただきました。

木村さんIMG_0651のコピー

まずは、株式会社アドライト 代表の木村さんより、同社のベンチャー支援の実績や本イベントのテーマであるオープンイノベーションに対する意義や有効性、取り組みから、大企業とベンチャー企業を取りまく環境、また、経産省が発表したイノベーション創造の現状に関する内容などをご紹介していただきました。

続いて、登壇者4名の方々から、各社のオープンイノベーションに対する取り組みとインサイトについてお話いただきました。

竹さんIMG_0670のコピー

最初の登壇者である、ドリコス株式会社 代表取締役の竹さんより、同社で開発したヘルスケアデバイス「healthServer」のご紹介や、大手飲料メーカーとタッグを組んで事業展開を加速させてきたエピソードを披露していただきました。同社が経験した事業提携では、中核事業の成長エンジンとしての提携と派生価値の検証エンジンとしての提携のふたつに大別されるとのこと。また、大企業側にとっては既存事業を時代や流行に沿った形で変革していくための足掛かりにできるという点もあるWin-Winな提携を実行。竹さんはこれを「パズルピースが合致した」と表現されていました。

袴田さんIMG_0709のコピー

続いての登壇者は、株式会社ispace 代表取締役の袴田さんより、同社が目指す未来のために、積極的に大企業連携を行ってきた取り組みをご紹介いただきました。その中でも、同社が牽引する有名プロジェクト「日本発民間月面探査チームHAKUTO」の宇宙分野での事業化を目標とし活動を続けてきたエピソードは、今回のテーマにぴったりなお話でした。

八木さんIMG_0722

続いて登壇いただいたのは、京都大学イノベーションキャピタル株式会社 投資部・プリンシパルの八木さん。京都大学発ベンチャー企業をベンチャーキャピタルとして支援する八木さんからは、京都という土地柄や在籍する大企業、また、政府が出資する官民ファンドについてのお話など、普段あまり接することがない情報も交えてお話いただきました。 京都大学からイノベーションを創出するために結成された同社の取り組み内容、ファンド概要/規模と投資先のベンチャー企業などのご紹介の他に、大学連携を含めたオープンイノベーションの現実についてのお話が特に印象的でした。

鎌田さん2IMG_0750のコピー

そして最後の登壇者は、TomyK Ltd.ファウンダーでACCESS共同創業者の鎌田さん。 鎌田さんは、リアル世界とデジタル世界の融合がグローバルに戦うカギだと語られました。大学発の例として、インクジェット印刷でフレキシブル基板の製造をオンデマンドで発注できるサービスを展開するAgICやヒューマノイドロボットの実用化を目指すSCHAFTを、動画を交えながら詳しくご紹介いただきました。 グローバルにベンチャーを長期に渡り経営し、大型M&Aも経験された鎌田さんの熱のこもったプレゼンには独特の説得力を感じさせるものがあり、参加者の皆さまも聞き入っている様子がうかがえました。

全体1IMG_0786

その後、登壇者によるパネルディスカッションが行われました。アドライト 代表 木村さんのファシリテーションのもと、登壇者の皆さまへの質問タイム。最終的に提携を行うと意思決定した時に重要視していたこと、出資をもらう前後で事業のスピードが加速したことは具体的にどういった点であったのか、事業会社と提携する上でデメリットはあったのか、などを質問。京大VCの八木さんには、大学の先生のベンチャーへの関わり方について、VCとして投資した後の支援内容などについて。また、鎌田さんには、大企業とベンチャー企業のスピード感の違い、米国Google社の買収におけるプロセスや意思決定方法とスピード感などについて伺いました。

続いて、参加者からも、様々な質問が投げかけられました。大企業が以前と比べて他社連携に対しオープンになってきているのか、ベンチャー企業が次の産業を創り出していくとするとどういった産業になるのかなど、予定時間をオーバーするほどの活発な議論が繰り広げられ、盛況に終了しました。