2016年12月7日(水)に、株式会社アドライトが主催する大企業や官公庁の事業責任者を対象にオープンイノベーションをテーマにしたイベントシリーズMirai Salonの第二回目「日本流オープンイノベーションとIoTの未来」を開催いたしました。

main-img-2

【今回のトピック】
■講演:樋原先生(早稲田大学)によるオープンイノベーションの必要性について
■プレゼン:ベンチャー企業3社トップによる大企業支援事例
■プレゼン:リコー社によるオープンイノベーション事例
■プレゼン:アドライト社によるオープンイノベーションの支援事例
■パネルディスカッション:登壇者によるオープンイノベーションの裏側トーク
■質疑応答

まずは、早稲田大学大学院経営管理研究科 准教授の樋原先生より、主にオープンイノベーションの必要性や課題について、ご講演頂きました。オープンイノベーションの大きな課題の一つとして、「どのような事業領域と連携すると良いのか」という経営判断があり、シナジーが期待できる事業領域としては、既存事業からの距離が近く、補完的である領域が好ましいとのことでした。その他、オープンイノベーションへの障害についても、具体例を交えてお話頂きました。

img-2

続いて、ベンチャー企業による大企業支援事例を、今注目のベンチャー企業3社の経営者の方々から、プレゼンテーションして頂きました。

1社目は、GROUND株式会社の宮田社長より、自動搬送ロボットによる物流革命についてお話頂きました。物流現場における、入荷から出荷に至るオペレーションの生産性向上を図るソリューションとして、現場において実際に活用されている、同社が提供しているサービスの仕組みを詳しく解説頂きました。同社のDigital Inbound Square(クラウド型入荷管理ソフトウェア・コラボレーションウェア)や Butler(自動搬送ロボットシステム)が、物流の現場に新しいイノベーションを起こしています。

img-3

2社目は、株式会社スカイディスクの橋本社長より、AIを活用したIoTサービスの未来についてお話頂きました。「IoTが生まれやすい環境を作り、生活を豊かにする」ことをミッションに、IoTプラットフォーム事業を展開している同社の様々なサービスやオープンイノベーション事例について、詳しくお話頂きました。センサデバイスや通信モジュールの開発、AIクラウド構築まで、IoTに必要な要素をワンストップで提供できる同社のサービスは、農業や設備保全、物流など、幅広い分野で、我々の生活を新しく豊かにしてくれています。

img-41

3社目は、セーフィー株式会社の佐渡島社長より、『Safie』が切り開くIoT映像活用の未来についてお話頂きました。同社の『Safie』は、スマートフォンとカメラで、自宅や店舗などを手軽にライブ映像や録画によって確認することができるクラウド型のビデオプラットフォーム。佐渡島社長ご本人の、「こんなサービスがあったらいいのに」という想いと、周りにそのサービスを構築できる仲間がいたことが開発のきっかけだったとのこと。現在は、『Safie』の運営と合わせて、ハードウェアメーカーへのソリューション提供も積極的に行っており、オープンイノベーションにも前向きに取り組んでいます。

img-5

続いて、株式会社リコーの新規事業開発本部の澤田氏より、リコー社のオープンイノベーションの事例紹介。元気のよい挨拶の後は、リコー社における社歴の紹介から、同社のコーポーレートVCであるテックアクセルファンドの取り組みの紹介まで、テンポよくご紹介頂きました。

最後に、アドライト代表木村氏より、オープンイノベーションのコンサルティング事例についてお話頂きました。産学連携やIoT関連のオープンイノベーションの支援事例紹介とともに、同社サービスの特徴である外部ハブ機能として事業開発に必要な機能補完(マーケティング、法務、総務、経営管理、人的リソースなど)についてのハンズオン手法の紹介や、オープンイノベーションの戦術選択と比較について紹介しました。

その後、登壇者によるパネルディスカッションが行われました。早稲田大学准教授樋原先生のファシリテーションのもと、最初は登壇者への個別の質問タイム。まずはセーフィー株式会社の佐渡島社長について、前職の大企業での事業ではなくベンチャー企業として事業を創造された理由について。オープンイノベーションとクローズドイノベーションの違いや、ベンチャー企業として起業されたいきさつや想いを伺いました。

img-6-960x640

また、株式会社スカイディスクの橋本社長に対して、ベンチャー企業と大企業でのリソースや時間に関する考え方の違いや、そこでの案件の進め方などの体験談を伺いました。

リコー株式会社の澤田氏に対しては、実際の大企業側のオープンイノベーションでの苦労話。大企業の担当者の心意気や進め方で結果も変わるというケースを、具体的な例も交えてお話頂きました。

アドライト代表の木村氏に対しては、具体的にどのようにオープンイノベーションの支援をされているかとの話に対し、ハンズオンでプロジェクトメンバーの一員としての支援例などが紹介されました。

続いて、大企業とベンチャー企業とのオープンイノベーションの実施にあたっての様々なテーマに関しての参加者からの質問タイム。カニバリゼーションへの対処方法、CVC(コーポレートVC)からの出資にあたってベンチャー企業が期待すること、特定企業の色を出さずにベンチャー企業が成長してゆくための秘訣、ベンチャー企業がオープンイノベーションを軸に成長していくための事例紹介、資本市場から見たエクイティストーリーにおけるオープンイノベーションの見せ方と伝え方、本業の延長線上にない事業への取り組みステップ、ベンチャー企業による大企業向けカスタマイズのあり方など、話題は多岐にわたり、当初の予定時間をオーバーして盛況に終了しました。