◆内容:

スピーカー:中村利江さん

EGG JAPANはこのたび、米国商工会議所ウィメン・イン・ビジネス委員会との共催イベントを開催する運びとなりました。日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館』を運営する夢の街創造委員会㈱ 代表取締役 中村利江氏をお招きして「女性起業家が語る“サラリーマンではない”働き方」をテーマに講演を行います。 『出前館』は、現在約11,500店の加盟店数、600万人を超える会員数を有しており、韓国、インドネシアをはじめ、海外にも積極的に進出中です。成功した女性起業家として知られる中村さんですが、現在に至るまでにチャレンジしたことやそれを乗り越えるために実践してきたことは、アントレプレナーとしての成功には不可欠なものである一方で、伝統的な企業での実践しにくいことなのかもしれません。 創業間もない「夢の街創造委員会」から、事業を黒字化、さらには大阪証券取引所への上場に至るまでの経験談は、多くの起業家・経営者、企業で働く女性にとっても、興味深い内容になるでしょう。 ますます活躍の幅が広がる中村さんの、“サラリーマンではない”働き方について、リアルなご経験談を伺える貴重な機会です。ぜひご参加ください。 ◆お申込み ご参加希望の方はこちらの申込みフォームよりお願いします。 ◆中村利江氏プロフィール 大学在学中、学生起業家として女子大生を組織しモーニングコール事業を立上げ。1988年、リクルートに入社。月刊ハウジング事業部に配属され、入社1年目でトップセールスとなり、MVP賞を受賞。その後インテリアコーディネーターを経て、1998年ハークスレイ(ほっかほっか亭本部)入社。販促費のコストダウンを実行し、入社6カ月後にマーケティング部門の管理職に。ケータリング事業の立ち上げなどを行う。 2001年プランニング会社のキトプランニング設立。同年、ハークスレイ時代から取引のあった夢の街創造委員会マーケティング担当役員に。2002年夢の街創造委員会代表取締役社長就任。組織やサービスの仕組みの改善を行い、2005年に同社は黒字化。2006年8月に同社は大阪証券取引所に上場。 ◆ACCJウィメン・イン・ビジネス委員会とは 在日米国商工会議所(ACCJ)は、米国企業 40 社により 1948 年に設立された日本で最大の外国経済団体です。米国企業の日本における経営者を中心に、現在は約 1000 社を代表する会員で構成され、東京、名古屋、大阪に事務所を置いています。日米両国政府や経済団体等との協力関係のもと、「日米の経済関係の更なる進展、米国企業および会員活動の支援、そして、日本における国際的なビジネス環境の強化」というミッションの実現に向けた活動を展開しています。また、60 以上の業界・分野別委員会を中心に活動を行い、意見書やパブリック・コメント、白書等を通じた政策提言や、政策や経済の動向等について年間 500 以上のイベントやセミナーを開催するとともに、各種チャリティー等の企業の社会的責任(CSR)活動にも積極的に取り組んでいます。